どんな面接をしたら風俗バイトで落ちるのか

hrseres
どんな面接をしたら風俗バイトの面接に落ちてしまうのか、その落ちる法則というのがあるなら是非知りたい所です。
気に入った風俗店に確実に採用されるために、落ちる法則を知って落ちない面接が出来るようにしちゃいましょう。
■やっぱり風俗嬢は愛想が大事!
言葉遣いも表情も、愛想が無いと面接官の印象が悪く落ちる確率が高いです。
コンビニやスーパーの面接でへらへら愛想笑いをしていたら、それは逆に印象が悪いかもしれません。
でも風俗嬢はいかにお客さんの前でニコニコ愛想よく出来るかが人気のカギとなる訳です。
だから面接で愛想よくペラペラ喋れて、絶えず笑顔を作っている女性の方が採用される可能性が高いのです。
■仕草がだらしないとマイナスイメージ!
椅子に座っている時に足が外股になっていたりなど、細かい仕草がだらしない女性は相当なマイナスイメージを相手に与えます。
あまりにもだらしないと「接客する時大丈夫なの?」と思われてしまっても文句は言えません。
面接官は女性の顔だけではなく態度も見ていますし、だらしない仕草や態度は絶対NGです。
■不安な気持ちを見せちゃダメ!
風俗の面接は色々と不安でしょうが、不安になっている事を態度に出すのも極力避けましょう。
あまりにも不安がっていると面接官に「この子はちょっと厳しいかな……?」と思われてしまいます。
不安な気持ちを抑えて堂々とする、それが面接の基本事項です!
■まとめ
今回説明した事は面接において当然と言えるものばかりです。
ただ、風俗の面接ではこれらの事がとてつもなく重要になるし、合格と不合格の分かれ目になります。
愛想良く清楚な態度で堂々と挑めば、風俗の面接で何度も落ち続けるような事態にはならないでしょう。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫