風俗の面接を上手く進めるコツ

htrhtrs
風俗の面接では細かい事を色々聞かれますが、「働きたいと思った理由」などをちゃんと言えないと話を上手く進める事は出来ないでしょう。
風俗店には沢山の女性が来るので、人気店ともなれば少しでもやる気が無かったり働く理由が曖昧な人は採用しようとしません。
働く理由もそうですが、他にも上手く進めるコツを掴んでなるべく面接で失敗しないようにしてみましょう。
■働きたいと思った理由について
例え自分が興味本位で風俗バイトを始めようとしていたとしても、それをストレートに言ってしまうのはNG。
興味本位であると伝えるにしても、どんな所に興味を持ったのか、どういうきっかけで興味を持つに至ったのか説明出来ないとダメです。
面接官からしたら、何の考えもなく面接にやってきた女性はどうせすぐ辞めるだろう、という気持ちになるはずです。
だから自分が働きたいと思った理由はなるべく具体性を持って話してみましょう。
■給料と待遇の希望はしっかり伝える
風俗面接で話す内容の大半は給料と待遇の確認についてです。
この時点で自分が希望している給料や待遇をちゃんと伝えていないと、後々トラブルの元になります。
希望の給料と待遇は的確に伝え、気になる事があれば忘れず聞いて下さい。
■リラックスしていた方が良い
風俗の面接は硬くなってテキパキ話すと、なんだか硬い女性だなぁと思われてしまいます。
だからかなりラフに、少し砕けた感じで自分の素を出して喋った方が良い印象を持たれやすいです。
普通のバイトの面接とは違う、だからそんなに堅苦しくなる事はない、という事を肝に銘じておきましょう。
■まとめ
硬くならずに自分が働きたいと思った理由を具体的に伝える、まずはそれを絶対に守りましょう。
後は身分証明書の持参を忘れないようにすれば、面接で失敗する可能性は低くなるはずです。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫